読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

This tweet is over 144 characters.

しらたきは神の食べ物です。

無事に産まれました

ずっとブログも書けてなかったけど、予定日より少し遅れて2017年に入ってすぐ、長男を出産することができました。

そろそろ寝ようかな?という23時ごろに陣痛が始まり、不眠のまま今までの人生で一度も経験したことのない激痛と戦い始め、翌日19時ごろ出産という戦いでした。

実は、出産前最後の検診でエコーを見たとき、顔の向きが反対を向いている(反屈位というらしい?)ので、頭が出てこないかもしれないから、通常分娩にチャレンジして無理なら緊急帝王切開でって言われていました。

 

陣痛はとにかくいきみ逃しがつらすぎて、途中でなんどもおおおもう裂けてもいいからいきみてえ!!!ってなりました。実際裂けたら多分大変でした(ハサミで綺麗に切って縫ったから治りは綺麗で早かったのに辛かった)

ずっともうやだ…ほんと無理…なんでこんな…でももう少しで会える…いやでも無理…どうせ切るかもならもう切って欲しい…と看護師さんに泣き言を言い続けましたが軽くあしらわれw

なんとか顔の向きも戻っていたらしく、分娩室に移動してからは30分ほどで普通分娩にて産まれてくれました。

 

産んだその日から2時間おきの授乳とおむつ替えの生活が始まり、食事もシャワーも10分以上かけれない。睡眠も2時間、良くて3時間以上連続には取れない。といった生活が今も1日も途切れず続いてます。

完母ですが、幸い母乳の出も良く、よく飲んでくれるので2週間検診では何の問題もないから3週間検診スキップして次1ヶ月検診ね、と言われるほどまで日々すくすくと大きくなってくれています。

 

寝ているときは本当に天使みたいに可愛いです。起きてるときはこの世の終わりみたいに泣いてますがw

ここまで、諦めてきたこと、我慢したことばかりでしたが、全部この子のためだったんだなーと思うと何となく許せるような…やっぱり許せないような…?笑

とにもかくにも、まずは我が子の成長を喜ばせてもらえる幸せを噛み締めたいと思います。

 

陣痛中もずっと付き添ってくれて、私の死にかけの叫び声を聞いて泣きそうになりながらも立ち会い出産してくれて、退院の時も気遣ってくれた旦那に感謝です。ありがとう。

息子はきっとそのうちママじゃなきゃやだって泣くときが来るだろうけど、あまりへこまず一緒にがんばりましょ。

 

出産とかその他の費用等、今後誰かの参考になりそうなことはまた書きます!とりあえずご報告まで!